UX Japan Forum 2014 レポート #uxjapan

UX Japan Forum 2014 に参加して感じたことを各セッションごとのまとめからではなく、自身の考えをもとに各セッションから
自分が感じたキーワードをベースにまとめてみようと思います。
いくつか、まだ自分のなかでまとまってない箇所もありますが、まだ余韻のあるうちにいったんレポートとして書きました。

001

全体を通して、

  • 机上から実践(ビジネス)へのUXの展開
  • デザイナーという言葉のリデザイン
  • 「UXD」の「UXD」

この辺りを色々と感じました。

続きを読む

「間」というUX視点

間xUX今年になり、京井良彦氏の「つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書)」、それに関連して千宗屋氏「もしも利休があなたを招いたら 茶の湯に学ぶ”逆説”のもてなし (角川oneテーマ21)」さらにビートたけし氏「間抜けの構造 (新潮新書)」という本をたてつづけに読んだのですが、この3冊に共通するのは間という文化のように感じました。

続きを読む

IA塾 in 鹿児島に行って来た。 #IAjuku

IA塾

去る3/16に鹿児島で開催されたWordBench鹿児島 × コーディングデザイン × Concent「IA塾」に参加してきました。「IA塾」とは、元々株式会社コンセント内で行われている社内勉強会で、社外向けのイベントとしては、仙台・京都に続いて3回目。それが鹿児島であるとなれば、福岡から九州新幹線でいけるのであればいかない理由がないということで行って来ました。今回はそのレポートを。
続きを読む

人生初の講演をしてきました!

6月29日人生初の講演をしてきました。

場所は崇城大学。

崇城大学で講師をしていらっしゃるクリスさん(チリ人の方)にご紹介をいただいてこの機会をいただきました。
講演内容は、「インフォメーションアーキテクチャ」
このことについて、講演をしてほしいと頼まれたのですが、実際のところかなり不安でした。
続きを読む

KIAbase002に行ってきた。テーマはカードソーティング

先日のレポートになりますが、福岡でのIA勉強会「KIAbase」の第2回目が行われました。今回は参加者が少なかったものの、カードソーティングというIAのグルーピングの手法のひとつをみんなでわいわいやりながら体験した会でした。そのときのレポートなどを込めて久々のエントリーですが、投稿です。

今回も参考にさせていただいたのは、長谷川敦士さんの「IA100 —ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計 」です。こちらの書籍を引用させていただきながら、まずカードソーティングとはなにか?という話をさせていただき、そのあと実際にやってみよう!という流れで勉強会を行いました。

続きを読む