「間」というUX視点

間xUX今年になり、京井良彦氏の「つなげる広告 共感、ソーシャル、ゲームで築く顧客との新しい関係性 (アスキー新書)」、それに関連して千宗屋氏「もしも利休があなたを招いたら 茶の湯に学ぶ”逆説”のもてなし (角川oneテーマ21)」さらにビートたけし氏「間抜けの構造 (新潮新書)」という本をたてつづけに読んだのですが、この3冊に共通するのは間という文化のように感じました。

続きを読む