Amazon Dash Buttonを使ってみてわかったいくつかのこととこれからの期待


IMG_9048

2016年12月5日よりAmazonDashButton(以下ADB)が使えるようになりました。
早速私も購入し購入体験をしてきておりますので、約2ヶ月くらい使った感想と今後について考察していこうと思います。

私が買ったのは、ウィルキンソン炭酸水のADBです。事務所で使うために、ADBを購入しました。
普段から炭酸水を飲むことがあり、また事務所のメンバーの一人に同様のスタッフがいたので、二人で共同購入という流れで
試してみようということで購入しました。

ADBが届いた

購入して翌日にADBが届きました。きた時には若干のワクワクがありながらの開封の儀となりましたが、ボタンは思ったよりも幅があった印象です。
そして、このボタンはついつい押したくなるようなおもちゃ感覚がありました。

ADBの設定

設定については非常に簡単でしたが、ある程度ウェブの知識、機械設定の知識があるというのが前提ですので、あまりあてにならないかもしれません。
しかし、amazonのターゲットユーザー、特にADBのユーザーはプライム会員ということですから、ある程度のネットユーザーというくくりになるのかもしれません。
となると、この設定については「簡単」という言い方でいいのではないかと思います。

ADBで購入してみた!

設定をして早速注文してみよう!ということでボタンを押しました。すると、ボタンが反応して発注。心の中だけのはずが、ついつい「おお」という声が漏れました。
非常に簡単に注文ができる印象ですが、初めての購入ということもあり、ついついスマホで確認をしてしまうという動作が追加されていました。
一度キャンセルをしてみて、さらに注文してみてと動作の確認を色々してみました。
誤動作についても簡単に回復できるというものでしたので、使い勝手がいいという印象でした。

ADBを複数回使ってみる

2ヶ月に渡って合計3回の発注をしているわけですが、印象として使い勝手は非常にいいという印象です。
「あ、そろそろなくなるな」という時にボタンを押すと、翌日(もしくは翌々日)に届くという流れは「簡単」です。
私が福岡にいることが影響しているのかもしれませんが、やはり届くまでの時間がかかるというのが正直なところなんともなぁという感じです。
しかし、そこは配送会社の方のご負担を考えると、「なくなって発注」ではなく「なくなりそう発注」をすればいい話なので、自分の中では解決です。
全体として、購入体験としては「普通に便利に利用できる」という印象です。これからも使っていくことが確定ですね。

これからを私なりに

ADBの購入体験は、単純に「簡単・便利」というものに他ならないと思います。ここで「安い」という要素はそこまでありません。
事実ウィルキンソンの炭酸水は近くのホームセンターやディスカウントストア、リカーショップなどに行った方が安いです。
しかし、今後ウィルキンソンの炭酸水をそういうところで購入するのはあまりしないような気がしています。
スマホやPCでの発注にくらべ「起動しなくていい」「開かなくていい」というのがないだけで
ここまで購入体験の印象が向上するとは驚きでした。

このADBでの体験が何に影響していくのかというのを考えてみます。

ADBでの購入体験は、「抱え込み」にもってこいだなという印象です。
購入体験の簡単さ便利さがサービスとして提供され、ユーザーを他に逃げさせないことにつながっているように思えます。
こういう抱え込みの手法のひとつにこれまで「定期購入」というものがありました。
「定期購入」は金額が安くなったり送料が無料になったりという「価格」という面での訴求が多いのですが、
ADBはその辺りのメリットはそこまで大きくありません。体験というものを価値に売っている印象です。

また、「定期購入」の一番大きな課題として「定期解約」というものがあります。定期解約をされる要因の多くに「余る」というものがあるのも事実です。
この「余る」という部分は、「定期」という関係上仕方のないことですがこの部分にメスをいれることができるのが、今回のADBではないかとも思うわけです。
つまり、「欲しい時に簡単に注文できる」というサービスを提供できることによって、「定期」とは別の抱え込みができるということになります。
ユーザーを抱え込む方法として「定期」というものから「会員サービス」という部分にシフトして対応ができるamazonの強さを感じている次第です。

こういったハードウェア(端末)が簡単に提供できるようになって、なおかつユーザーがある程度リテラシーをもち簡単に設定ができるという環境になった場合、ユーザーの抱え込みの手法が変わってくるのではないでしょうか?

これまでなんども聞いてきましたが、「サービスデザイン」というものを体現しているものが、まさにADBのようにも思えます。
このADBが今後、ただのガジェットで終わるのか、通販業界を変えるツールになるのか注目しつつ、私の中では便利なツールとして使っていきたいと思っています。