sony おまかせ・録画スクリーンセーバー

久々に俺の中でヒット!

商品の内容とスクリーンセーバー(コンテンツ)の内容が見事にマッチしてる。
よく見かけるコンテンツは、コンセプトとコンテンツがコジツケ的に思えるものも多い。

でも、これは、実にマッチしてると思うんだなー。

どう思う?

ハデでかっちょいいっってのももちろんあるけど、俺は今回それよりも、マッチ具合で紹介します。
こういうのを作りたいね。マッチ具合の気持ちよさ。

http://www.sony.jp/bd/ss/

【書評】ウェブはバカと暇人のもの



タイトルでひかれた。
一体どういう内容で書かれているのか・・。そしてどんな人が書いているのか。
はっきり言って、この本のタイトルには、共感できるものがあった。
「バカ」はどうかわからないが、「暇人」に関してはちょっと感じていた。

前半は少し暴力的な感じもするけど、後半は実に考え深いものだ。企業としてWebをやっていくときに、今のままではだめだと思っているので、そういうときにこの本に出会えたのは、なかなかよかった。

特に4章はみのも。全体を読まないとだめだろうけど、時間がなければ、4章以降だけでも価値観の広がりは見込めると思う。

気になる人はクリッククリック。

ちょいと今週。

仕事の都合で、東京に1泊行ってました。
打ち合わせを経ながら、街中をいろいろ見て回ると、4か月しかたっていないのに、
街は変わってるわけで。

印象的に・・・

渋谷での人がちょっと減った?かなって思った。不景気のあおりかな・・と世間を見ていたけど、
それでもやっぱり東京は人が多いもんだ。やっぱりちょっと俺には水があわないかもね。

ま、仕事するとか遊ぶとかにはいい街であるにはあるんだけど・・・。

んで、ちょっと仕事の関係上、世間の広告系のものに興味をもって歩いていると、デジタルサイネージ関係がどどどどどどーっと増えてる気がした。

市ヶ谷のほうにあったまだオープンしてないんだけど、日本大学のなんかサテライトスペースみたいなものの表に、どどーんとでっかいものがあった。

DVC00012.JPG


ガラス面になんかシートみたいなのが貼ってあって、プロジェクタからの投影だと思うんだけど、でかいときれいの共存してたサイネージ。横から見てもがっつりキレイに写ってた。すげー。

通り沿いなので、車とかがみる場所だ・・・といっても実は、そんなに目立つ場所ではなかった。
そんな場所でも気になると話題になる。そういうもんかな。

事実こうやっておれも口コミしちゃってるわけだし。
口コミといえば、最近読んだ本もついでに紹介。これは一気によめたけど面白い本。

書籍『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』を会社で買った。

書籍『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』を会社で買っていた。後輩ちゃんが真剣に読んでいたのをちょっと拝借して、ざっと見てみた。
基本的な部分から、テクニカルなことまで。

すごい内容。というか執筆陣がすばらしい。個人的には、ハック系やマルチデバイス系、javascript系の話が興味深い。まだざっと見ただけなので、後輩ちゃんが読み終わったら、もう少しじっくり読みたい。
(というか買ったほうがいいかも・・・)

この本はかなーりおすすめ。CSSをこれから勉強したい方も、CSSをもう少しレベルアップさせたい方にも。

XHTML+CSSの良書(予想)

この予想は間違いないと思うが、
「XHTML+CSS」関係の良書が発売される。執筆人がハンパない人たち。
この人たちが組んで(?)作った書籍なら間違いないだろう。

しかもこれは、CSSビギナーズの教科書としても使われているらしい。
これからの人たちには、最適だろう。

でも、おいらもちょっとほしい。買おうかな。

WebDIrectionsEastのお知らせ

11月7-9ですんごいイベントが開催されます。
「WebDirectionsEast」くわしくは、実際のサイトを見てもらえたらわかるんだけど、
スピーカーたちのすばらしさに圧巻。
価格がべらぼうに高いけど、行く価値はありそう。おれも行きたいけど、たぶんいけないなぁ。

このブログをみて、いけそうな人は、画像をクリッククリック~。

クロスイッチという良本

久々に本の紹介。

電通式ですが、「クロスイッチ」という本。

考え方として、すごくためになりました。が、中では、電通のツールの説明とかを話されていて、うらやましいなぁと思うところが多々。ん?自慢?って思える箇所もあったり・・。でもそれだけのことをやってるからすごいと思う。

クロスメディアってこの本でも書いてあるように、言葉が先行して、実態の見えないものになっている。クロスメディアというものは広義であるということになかなか気づかない。今回、この本で語られているのは、電通式クロスメディア。

つまりは、○○式クロスメディアを作らなくては、いけない。おそらく、同じ競争をする世界はボチボチなくなってきているのではないか?クロスメディアという世界では、あくまで「オリジナリティ」が求められるのではないか?

この本を読んで、電通式クロスメディアを読んで、
自社式クロスメディアを作れるかどうか、結局はアイデアの勝負。

そんなことをこの本で感じた。

とにかく良書なので、おすすめです。

ドアラすげ。

中日ライオンズのキャラクターで人気のドアラ。
何気にサイトを探していたら、中日スポーツにこんなコンテンツ。

【ドアラの九州旅日記】

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/k/doala/index.html

基本ムービーのサイトだけど、キャラクターの人気ってすごいもんがある。
このドアラ。そういえば本も出していた。

しかもDVDまであった。

しかもフィギュアまである。

なんじゃ?このキャラクター。おそろしい。アマゾン張ってみたけど、中日ファンは購入して~!